2006/05/11

(アナウンスメールより)
夏の旅のお知らせです。
カナダ・ハンソン島と、沖縄・浜比嘉島。
どちらも8月。

 ● 海峡を渡るオルカたちの音を聴く旅

  バンクーバーの北、ジョンストン海峡に浮かぶハンソン島に、
  ポール・スポング博士の私設研究所・オルカラボがあります。
  そのゲストハウスに寄せていただく、小さな音の旅。

  8月5日(土)〜13日(日) 9日間
  ¥425,000
  www.wild-navi.co.jp/tour06/060805sb_hanson9.html

  定員は9名。今年で6年目。
  ハイシーズンに重なってしまうのは、オルカの回遊時期、
  博士の仕事のご都合などの関係から。
  研究活動への寄付も含み、
  参加費が高くなっていること、私たちも気になっています。
  が、ぜひ思い切って参加してみてください。
  情報が少ないことの豊かさを、味わっていただけると思うのです。


 ● 沖縄の集落へ幻のエイサーを訪ねる旅

  沖縄本島の東側の浜比嘉島へ、エイサー(お盆の"送り")を聴きにゆく旅。
  観光のためではなく、純粋に島の行事として行われてきた
  歌と踊りのただ中にお邪魔します。

  8月6日(日)〜9日(水) 4日間
  ¥125,000(予価)
  www.wild-navi.co.jp/tour06/060806sb_okinawa.html

  定員は12名前後。今年は2年目。
  昨年はアナウンス後、早々と定員を迎えてしまった人気バムです。

  ※今年のエイサーは新暦のカレンダーに関係なく、旧盆の関係から、
   夏休みのピークシーズンです。航空券確保の意味からもご参加を検討いただける方は
   早めのコンタクトをお願いします。


 以上、お問い合せ先:ワイルドナビゲーション・宮田
          travel@wild-navi.co.jp/03-5784-3980


 ◎ 二つのバムに関するお便り(by 川崎義博)

 オルカバムには川崎義博が(美味しい朝ご飯とおつまみも?)、浜比嘉島に
 は岡田晴夫(やわらかい人柄で勝負?)が、それぞれ同行します。
 川崎義博から、各バムへの思いをしたためた便りが届いているので、転載し
 ますね。

 -----以下転載------

  ◎ カナダ ハンソン島・オルカバム

   月明かりに照らされた海峡に、静かに息を継ぐ音が聞こえる。
   1頭、また1頭と続く。
   姿は見えないが、手に取るようにオルカの存在がわかる。
   静かな波間に目をやっているうちに、
   いつの間にかこちらの呼吸もオルカに合わさって行く。

   一方海の中、水中マイクを通して聞こえる、彼らの会話は実に豊かだ。
   しきりに、お互いに呼び合っている。
   聞いているうちに、こちらも返事したくなる。。。

   ゆっくりと時間が過ぎて行く、ハンソン島ではこんな日が過ごせます。
   オルカの来ない時間は、森を散歩して、先住民族の痕跡を訪ねたり、白
   頭鷲の巣を見たりして、夕食はとてもおいしい博士の奥さんヘレナさん
   手作りの食事をみんなでいただきます。

   静かな時間、オルカと心優しいポールスポング博士達と、
   ともに過ごしませんか?

 
  ◎ 沖縄 浜比嘉島・エイサーバム

   夕闇がせまると、まずユタ(巫女)さんの家でのエイサーが
   おごそかに始まる。
   それが終わると、各グループに分かれて、各家をまわる。
   これが本当のエイサーの始まりなのだ。

   1軒1軒家を廻って行くうちに、何かが高揚してくる。
   訪れた家ではお年寄りが待ち受け、
   一緒に踊ったり、食事をふるまったり。

   やがて、真夜中、集まってきたグループが一つになり、
   クライマックスを迎える。
   華麗と言うか、優雅というか、
   ゆっくりとしたフォーメーションが繰り広げられる。

   沖縄でも知る人ぞ知る、幻のエイサー。
   昨年は50年ぶりにゲストとして大会に出場。
   でも、やはりこの島で体験したい。
   波音に包まれた小さな島、浜比嘉島で。        (川崎義博)





2005/08/02

ベトナム・バムの報告会を、8/29(月)に開催します ─終了しました─

 7月に開催したベトナム メコンデルタ・バムの報告会を開催します。

 ベトナムのカフェには、たくさんのハンモックが吊してあり、
 人々はお茶をいただきながら、昼寝をとっていたとか。
 スコールがくると家々から出てきて、シャワーとして浴びていたとか。
 参加した人たちからは、そんな話を聞いています。

 ◎サウンドバム・リスニングルーム vol.17
  日時:2005/08/29(月)
    ・報告会 pm6:30受付開始(7:00スタート)
     パイオニア本社 第一試聴室
     東京都目黒区目黒 1-4-1(JR目黒駅西口 徒歩3分)
     <www.pioneer.co.jp/officemap/>
    ・懇親会 pm8:30頃〜
  場所:パイオニア本社地下1階 レスポアール
  会費:¥3,000(一名/ドキュメントCD、軽食・ドリンク付き)
  定員:30〜40名ほど

 お申込はワイルドナビ・宮田まで。
 
 チュニジアバム・ツアーページ:
 <http://www.wild-navi.co.jp/tour05/050705sb_vietnum.html>




2004/10/09

金沢21世紀美術館の開館記念展に参加しています ─終了しました─

10/9にオープンした金沢21世紀美術館の開館記念展に、サウンドバムが展示参加しています。→Mind the world

西側の幅27Mの壁面に、世界24カ所の音をレイアウト。
サウンドデザインは川崎義博が、展示デザインはリビングワールド(西村佳哲・藤本たりほ)が手がけました。


追ってレポートページを公開しますが、お近くないし関西圏にお住まいの方は、ぜひ足を運んでみてください。
美術館そのものも、ほかにない逸品(妹島和世・西澤立衛による設計)。他のアーティストによる展示も粒ぞろいです。
開館記念展は、来年3/21まで開催される予定です。



2004/09

西表島のライブ音、マイク設置カ所を移動しました

西表島のマイク設置カ所を、少し海のそばに移しました。
www.soundbum.org:82/live/index.php3?ch=1

移転作業中の応援、ありがとうございました。
音質もさらに向上。
RealPlayer以外のサウンドアプリケーションでも、ライブフィードを聴いていただくことが出来ます。:-)



2004/03/18

渋谷・タワーレコードでCD販売開始

#11・ハワイ編までのサウンドバムが詰まったCD「Traveling with Sounds」が、タワーレコード渋谷店・五階で好評販売中。

ドーンと新譜のようにPOPをつくっていただき、試聴も可能。
仕入れ担当者さんが、激しく気に入ってくださった結果です。ありがたい。
同フロアーには、ほかと一味違う、素敵な音源が沢山集まっています。みなさんも、足を運んでみてください。:-)



2003/03/31

NTTグループ「エコミュニケーション」のウェブ対談・第4回にあたる、
漫画家/矢口高雄さんとアートセラピスト/中山すみ子さんのお話に、
サウンドバムが音で参加しました。
www.ntt.co.jp/kankyo/eco/talk4/talk.html

お二人の話も、音も、どちらも素敵です。



2002/10/26


サウンドバムのCDができました!

世界各地へ出かけてきたサウンドバムのうち、
10の旅をリミックスしたCDができました。
 
『Sound Bum: Traveling with Sounds』(¥2,000-)

  1. フィジー諸島
  最初のバムは、フィジー北部の島をシーカヤックでめぐる旅です。漕ぐ
  手を休めると、授業中の子どもたちの声や、森の奥で鳴き始めた鳥の声
  が、海面をつたって沖合まで聴こえてきました。
  フィジーの人たちは踊りと歌が好きで、村に着いた時も立ち去る時も、
  いつもずっと歌をうたっていました。楽しいからです。スコールは、木
  々の葉やトタン屋根など、様々なものを打ち鳴らして近づいてきます。
  (付録の小冊子より....)


フィジー諸島からハワイ島、リスボンからキューバまで、世界各地の風景がひろがります。ベッドの上で世界旅行を楽しんでいる人や、小学校の授業で子ども達と聴いている先生もいるとか。
購入方法を、3通りご紹介します。

 [A] 報告会(リスニングルーム)
    →次回は10/31のスラウェシ島バム報告会となります
 [B] Think the Earth:ウェブサイト
    地球のこれからを考え・行動するNPO「Think the Earth」のウェブ
    サイトでも販売しています。イメージ資料も豊富。
 [C] Sound Bum:ウェブサイト
    サウンドバム・プロジェクトでも販売しています。

※売上げの一部は、地球の未来を形づくろうとしているNPO/NGOの活動に、先記Think the Earthを通じ確実に寄付されます。

森に、海に、街に!
自然だけでなく「世界の音」が聴こえてくる、フィールドレコーディングの旅。
音楽とは音を楽しむこと。あたらしい音+楽の旅へ!




これからのサウンドバムは...

最新のサウンドバム情報は、メールでもお送りします。
送付を希望される方は、以下のフォームでメールアドレスをご登録ください。
アナウンスメールの発行は不定期。お伝えしたい情報がある時だけ、お送りしています。

 
POWERED BY まぐまぐ 02年10月時点の登録者数約2万人
Copyrights (c) Sound Bum All rights reserved.